子育てアドバイス



                   入園前の教育を考える

                                ― 身辺処理スキル  

                             2024年 第3回 (2月22日更新)                       

 本コラムは「幼児の適切な発育の観点」から就園前の教育において
何が大切なのかをお伝えしています。噂に左右されることなく、育児
と進学準備とを両立させてください。

  幼稚園は、保育園と違って身辺処理のことで先生の手を煩わせるのは
あまり良くありません。「保育」と「教育」は違うからです。そのため、
入園までに、衣服・靴下・靴の着脱やトイレ・食事は上手に出来なくても
自分で何とか出来るようにしておきたいものです。トイレや食事の実技
考査はありませんが、幼稚園によっては、靴を脱いでカーペットに上る、
ボタンをかけるなどの課題はあります。

 また、保護者面接での「食事の好き嫌いはあるか」も定番の内容です。
幼児期に好き嫌いがあるのは無理のないことで、幼稚園も「ない」という
回答を期待している訳ではありません。ただ、嫌いな食べ物をどのように
して食べさせようとしているのかまで答えないと「手を打っていない親」
誤解されかねません。出来ないことがあれば、それと親としてどう向き
合っているのかが問われているのです。

                   suki-kirai PC.png                       

               ― 次回のコラムは3月15日 UPの予定です ―  

            

  ●募集についての最新情報は「募集案内」ページ へ

  ●入園考査が気になる方は「遊びで準備ヒント集」

   

 


 

 

このページの先頭へ戻る